大阪市・マレーシア貿易開発公社(MATRADE)主催「マレーシア・ハラルビジネス・オンラインセミナー~マレーシア企業とのコラボレーションの可能性~」

Seminar on Halal Business Opportunities between Malaysia and Japan


マレーシア経済は昨年からの新型コロナウィルス感染症拡大の影響から多少のマイナス成長率を経験したものの、これまでは平均4〜6%の安定した経済成長率を遂げてきました。

1 人当たりの国内総生産はASEAN 諸国の中でもシンガポール、ブルネイにつぐ高い水準を保ち、近年ではムスリム系富裕層の成長も著しく、世界のムスリム市場へ期待を寄せる多くの日本企業にとって魅力的な市場を形成しているマレーシア。今回のセミナーでは、食品分野を中心としたビジネスに焦点をあてながら、マレーシアのムスリム圏のビジネス事情に詳しい専門家や日本においてハラル関連ビジネスを展開されているマレーシア系企業をお招きし、マレーシアの最新ビジネス事情や今後のハラル市場の可能性についてお話いただくとともに、日本企業がどのようにすればマレーシアの、ひいては世界中のムスリム市場に向けてビジネス展開の第一歩を踏み出すことができるのかについて、それぞれの観点からその可能性を探りました。




 

大阪市・マレーシア貿易開発公社(MATRADE)主催

「マレーシア・ハラルビジネス・オンラインセミナー~マレーシア企業とのコラボレーションの可能性~」

Seminar on Halal Business Opportunities between Malaysia and Japan


日時

 2021年7月28日(水) 15:00~16:50 (日本時間) / 14:00~15:50(マレーシア時間)

開催形式

 Zoom ウェビナーシステムによるオンラインセミナー

申込者数  96 名

当日参加者  74 名


・主催

 大阪市、マレーシア貿易開発公社(MATRADE)

・受託事業者

 BPC 交流事業共同体

 (構成団体:一般財団法人大阪国際経済振興センター、公益財団法人大阪産業局)

・共催

 大阪商工会議所、独立行政法人中小企業基盤整備機構 近畿本部

・後援

 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)大阪本部

 大阪・海外市場プロモーション事業推進協議会


プログラム:

 ■主催者挨拶

  大阪市 経済戦略局 立地交流推進部長 鳥山 孝之

  マレーシア貿易開発公社(MATRADE) CEO ムハマド・ムスタファ・アブドゥル・アジズ

 ■講演①

  「ハラル市場の可能性とMIHAS」

   マレーシア貿易開発公社(MATRADE) 東京事務所 所長 ニックマン・ラファイー・モハマッド・サハール

 ■講演②

  「ハラル基礎知識・マレーシアにおけるハラル認証・アジア諸国におけるハラル市場」

   独立行政法人中小企業基盤整備機構 中小企業アドバイザー  松本 真智子 氏

 ■講演③

  「マレーシアそして世界のムスリム市場で成功するために

       ~マレーシアの現地企業とのコラボレーションを通して~」

   株式会社Brahim’s Food Japan 代表取締役(CEO)  清水 正昭 氏

 ■Q&A セッション/クロージング


最新の記事
過去のレポート
カテゴリー
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square